開拓時の歴史をしのぶ。厚床フットパス・Attoko Foot Pass Tour

ガイドと一緒に、フットパスを歩いてみませんか?

厚床パス:歴史の森と物思いにふける丘(約3時間移動時間含む)

厚床駅~物思いにふける丘~酪農喫茶GrassyHill(地図料金含む)

1人参加8,250円(税込9,075円)/2名以上参加の場合お1人5,500円(税込6,050円)

厚床の歴史と風景を楽しむフットパスツアー

その土地の歴史や風景を楽しみながら歩く「フットパス」のツアーです。その言葉の由来は、英語の「Foot(足)」と、こみちを意味する「Path」からきています。当ツアーでは、厚床(あっとこ)周辺を3時間かけて巡ります。国鉄標津線跡では、当時の線路や駅がそのまま残され、開拓期の歴史が垣間見られます。

牧草地と廃線跡をのんびり歩くコースです。厚床パスは全長約10.5km。牧草地をのんびりと歩く、比較的穏やかな道が続きます。このコースでは全体の半分、厚床駅を出発して、旧標津線の廃線跡横を歩いて進みます。青々と茂る森を抜け、もの思いにふける丘に到着。目的地は酪農喫茶GrassyHillです。約3時間ピクニック気分でお楽しみください。

根室フットパス厚床パスコースにある物思いにふける丘から見る知床半島はまさに絶景と呼ぶにふさわしいものです。標津線跡など開拓期の歴史を学びながらのんびりと森の中を歩きます。当時の生活の厳しさを物語るような自然の驚異を目にしながら歩いていくと突然目の前が開けて何もない丘があなたを待っています。お弁当やピクニックセットを持って知床半島の山脈を見ながらお弁当もおしゃれです。

人が手を入れた自然がその自らの力で元の姿に戻っていく、森がその力を最大限に使い新しい森として生まれ変わろうとするその姿は目を見張る者があります。人が残した痕跡さえも飲み込んでいく自然の凄さを感じることができるでしょう。

気づかずに通り過ぎる林の中に,あるいは足元にも,自然は私たちにいろんなことを教えてくれます。四季折々に感動を伝えてくれる根室フットパス,感動の一日を私たち公認ガイドと一緒に過ごしてみませんか?

  • 集合場所:道の駅スワン44ねむろ(地図はこちら)
  • 所在地: 〒086-0073 北海道根室市酪陽1番地
  • 電話: 0153-25-3055
  • 根室管内にご宿泊の方は宿泊先までの送迎もします。 必要な方は、ご連絡ください。

旅行全体のご相談はこちら

フットパスツアーのお問い合わせはこちら

_top

フットパスツアーメニュー
Foot Pass Tour Menu

_top

根室フットパス3つのルート。根室の風土と歴史が感じられます!

その土地の歴史や風景を楽しみながら歩く「フットパス」のツアーです。その言葉の由来は、英語の「Foot(足)」と、こみちを意味する「Path」からきています。厚床地区フットパスには、3つのルートがあります。厚床パス、初田牛パス、そして別当賀パスです。牧場をつないで作ったコースには、根室の風土と開拓の歴史が詰まっています。

厚床パスでは、標津線跡など開拓期の歴史を学びながらのんびりと森の中を歩きます。当時の生活の厳しさを物語るような自然の驚異を目にしながら歩いていくと突然目の前が開けて何もない丘があなたを待っています。お弁当やピクニックセットを持って知床半島の山脈を見ながらお弁当もおしゃれです。

森林を開発するために、いろいろな木を栽培していた場所にはもう人の手が言っていないはずなのに新しい幼木が生えてきています。一体誰がどんな目的で植えたのでしょうか。ガイドと一緒に、想像してみるのは非常に楽しいひと時となります。

物思いにふける丘、牧場のアップダウンの頂上にあるその丘は、遠くに風蓮湖そしてそのさらに先には知床半島が見え隠れします。はるか昔農場を開拓した人々もその姿を見てお昼休みのお弁当を楽しんだことでしょう。北海道らしい広い空間を堪能してその規模の大きさを実感しましょう。

北海道フットパス発祥の地、根室は自然と人の歴史を感じながら開拓の苦労を忍びながら歩く散歩道です。牧場を歩いたり、元々線路だった道を歩いたり、森を育てるための木を育てていた場所だったりそんな人と自然が深く関わった場所を、ゆっくりと歩いて、小さなことも見逃さないようにできたらきっと楽しさ倍増です。

根室には、厚床に3つ、落石地区に2つフットパスがあります。厚床地区、厚床パス・初田牛パス・別当賀パスの3つのうち当センターでは、厚床パスと別当賀パスをご案内します。落石地区では、浜松パスと落石岬パスをご案内します。落石地区では、眼の前に広がる太平洋を見ながら、牧草地と戦争の歴史を感じる事のできる絶景のパスです。落石岬パスを巡るなら、その軌跡のような自然と人との関わりを垣間見ながら岬の突端から望む雄大な太平洋の景色に息を呑むでしょう。

牧場と牧場を繋ぐ元々線路の道や獣道のような細い林間の道を歩くとき人が手を入れた自然がその姿をもとに戻そうとしている様子を目の前で感じることができます。ガイドが一緒ならさらに多くの感動体験ができるでしょう。皆さんの感動を一緒に体験させてください。

_top

_top

_top