野鳥のふるさとを歩く。別当賀フットパス・Bettoga Foot Pass Tour

ガイドと一緒に、フットパスを歩いてみませんか?

別当賀パス:野鳥のふるさとと太平洋を望む絶景の丘(約4.5時間移動時間含む)

別当賀駅~お台馬場~別当賀駅(地図料金含む)

1人参加11,250円(税込12,375円)/2名以上参加の場合お1人7,500円(税込8,250円)

日本野鳥の会保護区内を歩いて、さまざまな渡り鳥を観察する別当賀パス

その土地の歴史や風景を楽しみながら歩く「フットパス」のツアーです。その言葉の由来は、英語の「Foot(足)」と、こみちを意味する「Path」からきています。当ツアーでは、海辺の牧草地が広がる、別当賀パスを歩くフットパスツアーです。全長約18.5km。所要時間は4時間30分です。別当賀駅を出発して、貴重な植生が生い茂る国有林の中を進みます。

別当賀駅を出発して、貴重な植生が生い茂る国有林の中を進みます。日本野鳥保護区内ではタンチョウやさまざまな野鳥との出会いが!お台馬場からは、遮るものがない眼下の海を眺め、たっぷり自然を満喫しましょう。

根室フットパス別当賀パスです。牧場をつないで作ったコースには、根室の風土と開拓の歴史が詰まっています。別当賀パスは、少しアップダウンのあるコースなので、動きやすい服装で無理をせず、ゆっくりと歩きましょう。タンチョウやさまざまな渡り鳥がやってくる森と湿原のハーモニー!タンチョウの子育てや水鳥たちがやってくる湿原と水辺を過ぎると太平洋をのぞむ絶景が広がります。水平線がこれでもかと広がります。遠くにヒグマがやってくることもあります。

小さな湿原には、タンチョウの家族が住んでいます。春には子育てのシーズンになるために、正規ルートではなく湿原を迂回して森の中を歩き牧草の丘に抜けます。そこから海岸に行けば太平洋が目の前に広がり岸辺の崖には左岸の中に化石を見つけることもあるでしょう。

気づかずに通り過ぎる林の中に,あるいは足元にも,自然は私たちにいろんなことを教えてくれます。四季折々に感動を伝えてくれる根室フットパス,感動の一日を私たち公認ガイドと一緒に過ごしてみませんか?

  • 集合場所:道の駅スワン44ねむろ(地図はこちら)
  • 所在地: 〒086-0073 北海道根室市酪陽1番地
  • 電話: 0153-25-3055
  • 根室管内にご宿泊の方は宿泊先までの送迎もします。 必要な方は、ご連絡ください。

旅行全体のご相談はこちら

フットパスツアーのお問い合わせはこちら

_top

フットパスツアーメニュー
Foot Pass Tour Menu

_top

根室フットパス3つのルート。根室の風土と歴史が感じられます!

その土地の歴史や風景を楽しみながら歩く「フットパス」のツアーです。その言葉の由来は、英語の「Foot(足)」と、こみちを意味する「Path」からきています。厚床地区フットパスには、3つのルートがあります。厚床パス、初田牛パス、そして別当賀パスです。牧場をつないで作ったコースには、根室の風土と開拓の歴史が詰まっています。

別当賀パスは、少しアップダウンのあるコースなので、動きやすい服装で無理をせず、ゆっくりと歩きましょう。タンチョウやさまざまな渡り鳥がやってくる森と湿原のハーモニー!タンチョウの子育てや水鳥たちがやってくる湿原と水辺を過ぎると太平洋をのぞむ絶景が広がります。

森林を下りながら周りを見ていくと鬱蒼とした森が広がりそこにはヒグマの息吹すら感じます。牧場と牧場をつなぐ谷間にある森にある道には、時折エゾシカの骨が散らばっていたりしますがそれもやはりヒグマの生息域ならではです。エゾリスが時折走り回り小鳥たちのさえずりを聞きながらの散歩は、そんな緊張感をほぐしてくれます。

キッシングゲートを潜ると、そこからは湿地帯が広がっていきます。周りの丘は牧場になっていて低いところに丘から湧き水が流れていきます。小川を覗いてみるとそこには、カエルや小さな魚が泳いでいます。のどかな雰囲気の中歩いていると遠くからタンチョウの夫婦が泣き交わしをしているのが聞こえてきます。

湿原の脇を歩いて、海岸の近くに行くと小さな池がありその辺りには、かつて牧場を営んでいた人たちの形跡が残ります。崩れかけたサイロの煉瓦色と屋根の赤い色が当時の活気を忍ばせてくれます。海岸に出るとそこには砂岩でできた崖が続き遠くに目をやると時々ヒグマの親子が海を眺めて餌を探しているのを目にすることもあります。そんな別当賀パスは自然がいっぱいのフットパスです。

北海道フットパス発祥の地、根室は自然と人の歴史を感じながら開拓の苦労を忍びながら歩く散歩道です。牧場を歩いたり、元々線路だった道を歩いたり、森を育てるための木を育てていた場所だったりそんな人と自然が深く関わった場所を、ゆっくりと歩いて、小さなことも見逃さないようにできたらきっと楽しさ倍増です。

根室には、厚床に3つ、落石地区に2つフットパスがあります。厚床地区、厚床パス・初田牛パス・別当賀パスの3つのうち当センターでは、厚床パスと別当賀パスをご案内します。落石地区では、浜松パスと落石岬パスをご案内します。落石地区では、眼の前に広がる太平洋を見ながら、牧草地と戦争の歴史を感じる事のできる絶景のパスです。落石岬パスを巡るなら、その軌跡のような自然と人との関わりを垣間見ながら岬の突端から望む雄大な太平洋の景色に息を呑むでしょう。

牧場と牧場を繋ぐ元々線路の道や獣道のような細い林間の道を歩くとき人が手を入れた自然がその姿をもとに戻そうとしている様子を目の前で感じることができます。ガイドが一緒ならさらに多くの感動体験ができるでしょう。皆さんの感動を一緒に体験させてください。

_top

_top

_top