エトピリカのふるさとを歩く。落石浜松フットパス・Hamamatsu Foot Pass Tour

ガイドと一緒に、フットパスを歩いてみませんか?

落石浜松パス:エトピリカのふるさとと太平洋を望む断崖の丘(約4時間移動時間含む)

落石駅~ゴンゲン崎~落石駅(地図料金含む)

1人参加11,250円(税込12,375円)/2名以上参加の場合お1人7,500円(税込8,250円)

落石駅から市街地を抜け、太平洋を望む断崖の上にある馬の放牧地を歩く落石浜松パス

その土地の歴史や風景を楽しみながら歩く「フットパス」のツアーです。その言葉の由来は、英語の「Foot(足)」と、こみちを意味する「Path」からきています。当ツアーでは、太平洋の絶景を目の前に見ながら断崖の上にある馬の放牧地を歩くフットパスツアーです。全長約8km。所要時間は4時間です。落石駅を出発して、太平洋の直ぐ側で草をはむ馬たちの群れの中を進みます。

落石駅を出発して、中学校や小学校の前を通り市街地を進みます。市街地が終わると一面草原が広がり馬があちこちに放牧されています。かつては、昆布料の動力として荷揚げにその力を発揮してきた馬たちは、今は休みを与えられ悠々自適の生活をしています。ゴンゲン崎周辺からは、遮るものがない眼下の太平洋を眺め、たっぷり自然を満喫しましょう。

落石フットパス浜松パスです。他の地区のフットパスとは全く違い、雄大な景色の中のんびりと歩くことのできるフットパスです。その絶景は、私達の心に迫る自然を見せてくれます。心ゆくまでゆっくりと、感動の一日を楽しみましょう。

春から夏にかけては深い霧が出ることでも有名な落石地区、霧が出ると昼間でも行き先がわからなくなるくらい真っ白になります。

気づかずに通り過ぎる林の中に,あるいは足元にも,自然は私たちにいろんなことを教えてくれます。四季折々に感動を伝えてくれる根室フットパス,感動の一日を私たち公認ガイドと一緒に過ごしてみませんか?

  • 集合場所:道の駅スワン44ねむろ(地図はこちら)
  • 所在地: 〒086-0073 北海道根室市酪陽1番地
  • 電話: 0153-25-3055
  • 根室管内にご宿泊の方は宿泊先までの送迎もします。 必要な方は、ご連絡ください。

旅行全体のご相談はこちら

フットパスツアーのお問い合わせはこちら

_top

フットパスツアーメニュー
Foot Pass Tour Menu

_top

根室フットパス3つのルート。根室の風土と歴史が感じられます!

その土地の歴史や風景を楽しみながら歩く「フットパス」のツアーです。その言葉の由来は、英語の「Foot(足)」と、こみちを意味する「Path」からきています。落石地区フットパスには、2つのルートがあります。落石浜松パス、落石岬パスです。市街地と馬の放牧地をつないで作ったコースには、根室の風土と開拓の歴史が詰まっています。

落石浜松パスは、アップダウンのあるコースなので、動きやすい服装で無理をせず、ゆっくりと歩きましょう。雨上がりのときには小川を渡るときに長靴がないと厳しいときもあります。霧がよく出る地域なので切りで周りが見えないときこそ足元の自然を楽しみましょう。氷河が作り出した平らな大地と氷河が海に落ちるときにできた谷間のその姿は北海道の他の地区では見られない特徴です。天気が良いときは、太平洋をのぞむ絶景が広がるなか周りの低木の森や放牧されている馬たちと楽しむことができます。

断崖絶壁の上にあるこのフットパスの素晴らしさは、太平洋を広く望みながら歩くことができるところです。沖合には、アイヌ語で「鵜のいる島」と呼ばれるユルリ島と小さいという意味が付属するモユルリ島があります。そこにはエトピリカが日本で唯一繁殖しています。かつては、半島にも飛んできていたと言われているエトピリカその美しい姿を想像して島の姿を楽しんでみましょう。

放牧地には、小さな森とその森の周りに集まっている馬たちを楽しむことができますが、ルート上に馬の群れがいてその中を通らなければならないときもあります。そんなときは、彼らをあまり刺激せずでも近くを通らせてくれたら小さく声をかけて感謝しましょう。その優しい瞳は人を恐れず、そのまま私達を見守ってくれているようです。

草原の途中では、戦争の際に兵士が隠れるために作られた壕のあともあります。戦争があったことを忘れてしまいそうな現代において、そこにはまだ戦争の記憶が今でもある。そんな落石浜松パスは自然と歴史ががいっぱいのフットパスです。

北海道フットパス発祥の地、根室は自然と人の歴史を感じながら開拓の苦労を忍びながら歩く散歩道です。牧場を歩いたり、元々線路だった道を歩いたり、森を育てるための木を育てていた場所だったりそんな人と自然が深く関わった場所を、ゆっくりと歩いて、小さなことも見逃さないようにできたらきっと楽しさ倍増です。

根室には、厚床に3つ、落石地区に2つフットパスがあります。厚床地区、厚床パス・初田牛パス・別当賀パスの3つのうち当センターでは、厚床パスと別当賀パスをご案内します。落石地区では、浜松パスと落石岬パスをご案内します。落石地区では、眼の前に広がる太平洋を見ながら、牧草地と戦争の歴史を感じる事のできる絶景のパスです。落石岬パスを巡るなら、その軌跡のような自然と人との関わりを垣間見ながら岬の突端から望む雄大な太平洋の景色に息を呑むでしょう。

牧場と牧場を繋ぐ元々線路の道や獣道のような細い林間の道を歩くとき人が手を入れた自然がその姿をもとに戻そうとしている様子を目の前で感じることができます。ガイドが一緒ならさらに多くの感動体験ができるでしょう。皆さんの感動を一緒に体験させてください。

_top

_top

_top