落石ネイチャークルーズ・Cruise Tour Ochiishi Nature Cruise

ワイルドライフツアー:落石ネイチャークルーズと根室の自然を楽しむ!!
2021年度は運航休止になりました。再開の際はご案内させていただきます。

1日ネイチャーウォッチング&エトピリカのふるさとユルリ島とモユルリ島を周るツアー!!

落石ネイチャークルーズ with 1日ネイチャーウォッチング
(無料送迎・根室管内宿泊施設・中標津空港)

最低催行人数3名・料金:お1人16,000円(クルーズ料金含む/税込17,600円)
子供料金は半額です。クルーズ料金は現地で現金払いになります。

観光船で海からしか見られない動物たちを楽しみましょう。根室管内根室半島・知床半島羅臼町の観光船で道東を楽しみます。

(クルーズツアーは乗り合いツアーになります。チャーター船をご希望の方はご相談ください。)
開催時間:午前便10:00・午後便13:00

根室半島には、3つの観光船があります。落石ネイチャークルーズと歯舞パノラマクルーズそして風蓮湖・温根沼クルーズです。私達が紹介するのは、落石ネイチャークルーズと風蓮湖・温根沼ネイチャークルーズです。落石ネイチャークルーズは、エトピリカとケイマフリそしてラッコが見られる唯一のツアーです。風蓮湖・温根沼クルーズツアーでは、ゴマフアザラシやタンチョウたちがあちこちで見られます。季節ごとの渡り鳥は見事な姿を見せてくれるでしょう。温根沼では、まるでアラスカにいるような立ち枯れの林が湖畔を飾っています。自然の奥深さと驚異を感動とともに見せてくれるでしょう。

1日ネイチャーウォッチング1日かけて根室の自然を楽しみます。その間に落石ネイチャークルーズでエトピリカのふるさとユルリ島とモユルリ島を周り、たくさんの海鳥を楽しみましょう、7月から8月にかけてはエトピリカのシーズン。日本ではここでしか見ることができない野鳥を楽しみましょう。ラッコやアザラシたちは一年中見ることもできます。

  • 集合場所:道の駅スワン44ねむろ(地図はこちら)
  • 所在地: 〒086-0073 北海道根室市酪陽1番地
  • 集合場所の詳細を知りたい方は、根室ネイチャーセンターまでご連絡ください。
    (電話:0153-27-1434)
  • 根室管内にご宿泊の方は宿泊先までの送迎もします。 必要な方は、ご連絡ください。

一人旅にも安心なツアーをご用意しました。お一人でも参加可能です。お気軽にお問い合わせください。

クルーズツアーは合い乗りのツアーです。チャーター船もご用意できます。仲の良い仲間同士あるいはご家族などでもお気軽にご利用ください。

観光船会社によっては最低催行人数に達しない場合、運行されないことがあります。その際は別の日程をご提案させて頂く場合がありますので、旅程には余裕をお持ちください。冬季間のツアーなどは早くに予約で一杯になってしまうことが多いので早めのお問い合わせが必要です。

旅行全体のご相談はこちら

クルーズツアーのお問い合わせはこちら

_top

クルーズツアー
Cruise Tour Menu

_top

根室の海は魅力がいっぱい!エトピリカもケイマフリもラッコもアザラシも!!

観光船で海から大自然を感じる。そんな魅力いっぱいのツアーはやっぱり根室半島と知床半島羅臼町!根室半島では、野鳥やラッコアザラシたちを満喫できます。知床半島羅臼町では、シャチやクジラに始まり無数のミズナギドリの群れなど春から秋まで十分に楽しめます。

根室半島の自然を1日楽しみます。その途中で、1年中、海の鳥を観察できる落石ネイチャークルーズに乗船して野鳥を楽しみます。落石ネイチャークルーズはエトピリカが見られる唯一のツアーです。エトピリカは7月から8月いっぱいまで見ることができます。他にもケイマフリやウトウもそしてなんといってもラッコとアザラシは一年中見ることができます。写真撮影には望遠が必要ですが、双眼鏡をお持ちくださるとはっきりと見えるでしょう。

春は、渡りの季節、いろんな水鳥たちがやってきます。ミズナギドリを始めウトウやケイマフリが私達を楽しませてくれるでしょう。夏になると日本ではここでしか繁殖していないエトピリカが私達を楽しませてくれます。時折イルカやクジラも顔をだすかもしれません。

アイヌ語で「鵜のいる島」を意味するユルリ島では、エトピリカの他にウトウも繁殖しています。島にはかつて昆布漁の昆布を島の上に上げるために半島から連れてこられた馬が数頭存在します。厳しい気候と少ない食糧事情の中で懸命に生きているその姿はたくましく感じます。島は断崖に囲まれており、溶岩が海底から吹き出したときに作られた岩が異様な景観を醸しています。すぐ近くを船で通るとその絶景は私達に感動をもたらします。

小さいという意味が付属するモユルリ島では、たくさんのカモメたちが繁殖し毎年たくさんのひなを育てています。その雛たちを狙ってオジロワシが襲う!そんな姿が毎年見られます。やはり断崖で覆われた海岸の岩場には、ゴマフアザラシたちがたくさん日向ぼっこをしています。そのすぐ近くをラッコの家族が泳ぎ回り貝やウニを捕ってお腹の上で叩き割り食べている姿を見ることもできるでしょう。

外国人の憧れの鳥、ケイマフリはあちこちでたくさんの群れとなって私達の目を楽しませてくれます。夏には、くちばしにたくさんのイワシを加えたウトウやエトピリカを見かけるとその絶妙な技に感動すること請け合いです。絶滅危惧種のチシマウガラスに出会えることもあるかもしれません。根室でしか見られない雄大な光景。生命の躍動、自然の神秘を目の当たりにした瞬間、かつてない大きな感動が訪れます。

冬にはウミスズメやウミバトたちがその可愛い姿を見せてくれます。この海域でしか見られない亜種も見られることでしょう。たくさんの感動があなたを待っています。ベテランガイドと一緒に感動の一日を過ごしてみませんか。

世界の憧れの場所!知床半島と根室半島,四季を通して野鳥や動物たちを楽しみましょう。 何回来ても全く違う出会いは毎回新たな感動を私達に与えてくれます。飽きることのない自然また来たくなる感動を感じに根室に是非来てください。初心者の方でも安心!どんな出会いがあるか楽しみですね ここでなければ会うことのできないものたちもいます。

_top

_top

_top