ツアー注意事項

ここは,日本に残された最後の楽園です。

服装について:

根室は最後の秘境!!アラスカのような環境がまだ残っています。平均気温6度ほど北海道でも1,2を争う低温地帯です。真夏でも、最高気温が10度位まで下がることが多いです。本州にお住まいの方であれば冬服か風を通さないウィンドブレーカの上下があると良いです。

8月から9月までの2ヶ月間は、大量の蚊が発生します。特にカヌーツアーや風蓮湖・霧多布・野付半島そして釧路湿原を訪問するには虫よけが必須です。温かいからと言って薄着やTシャツGパンなどでは蚊に刺されるのを防ぐことはできません。

あまりに蚊が多いため、カヌーツアーのオンネベツ川シマフクロウコースと温根沼縦断コースはこの時期お休みします。

冬は、-20度の中で長時間の撮影などをすることがありますので、その場合は冬山登山をするような意識が必要です。特に手袋と靴は簡単な冬用の装備だと凍傷にかかります。

車内では、窓を凍らせないために暖房をきかせますのでかなり熱く感じます。冬用の服装だと大汗をかくことになりますので、上着だけでもこまめに脱ぐことをおすすめします。汗を書いたまま冬の外気に触れると低体温になり確実にひどい風邪を引きます。

バードウォッチング・写真撮影ツアーについて:

根室管内では、近い場所でたくさんの野鳥を観察したり撮影することができます。私達は、野生動物や野鳥に負担がかかる案内をしておりません。ガイドの指示に従わない場合はツアーを中止する場合があります。ベテランガイドが野生動物に負担をかけないように観察したり撮影できるようにしますから決して独断で行動しないようにしてください。

双眼鏡やスコープはご用意できますから必要な方は事前にお知らせください。写真撮影には、400mmから600mm以上のレンズが必要です。野鳥を撮影する際には三脚はないほうが自由度が高いです。でも、タンチョウや遠くの水鳥たちなどを撮影する場合三脚があったほうが良いこともあります。

知床半島羅臼町でシマフクロウの撮影をする場合は川を照らしているライトが1秒間に80回発光する特殊な点滅をしているLEDフラッシュライトなので、デジタルカメラ・一眼レフカメラ問わずマニュアルモードでシャッタースピードとF値そしてISO感度を調整しなければなりません。シャッタースピードは1/80以外ではまともな撮影はできません。他の値だと羽が全てぶれて写ります。この値は絶対です。F値とISO感度は相互関係があります。F5.6の場合ISO感度は6400できれいな明るい写真が取れます。F4の場合はISO3200・F2.8の場合ISO1600になります。基本的にこの値が一番きれいに明るく撮れます。この値はフクロウに対して一番きれいに撮れる値なので、事前に岩や川を撮って違う設定にしてしまうとフクロウにピントを当てた場合きれいに撮れないです。明るさの調整は、ISO感度を調整することで対応します。他の設定で対応するとちゃんと撮れません。

AFの補助光はシマフクロウが非常に嫌がるために発光しないように設定します。もちろんフラッシュは絶対に光らせてはいけません。後の調整のことを考えるとjpeg保存よりもRAW画像で保存したほうが劣化のない写真を残せます。オートモードやプログラムモード・絞り優先モードなどで取るときれいな画像にならずぶれた写真しか残せません。ISOオートや露出補正は正しい撮影からはかけ離れた撮影になってしまいます。

クルーズツアーについて:

クルーズツアーは、チャーター船・観光船乗船にかかわらず三脚を使っての撮影はできません。三脚を使っても海のうねりや波でまともな撮影はできません。船で三脚を使うと他のお客様が移動する際にじゃまになり倒されて機材が破損する場合があります。何よりもスペースを取るため他のお客様の迷惑になりますし、ご自身に写真撮影の知識が無い事が知られてしまいます。三脚持ち込み自体が禁止されている船もあります。レンズは400mm以上が望ましいです。基本的に海に出ますから、海水のしぶきがかかります、機材が故障するために防水か海水からの防護の処置が必要です。

船の足場は濡れていることが多いので、滑らない靴が必要です、もちろんハイヒールや革靴は危険です。転倒した場合、重大な事故になることがありますので船内で移動する際は慎重に行動してください。

外洋に出た場合海が穏やかでも体は冷えてしまいます、夏と言っても薄着で乗船は危険です。もちろん走り回ったり、他人に迷惑がかかるような大声での会話は控えてください。冬のツアーは極寒での観察や撮影になります常に体調に気を配り体を休めたり船室に入って体を温めてください。

カヌーツアーついて:

カヌーツアーは、自然を楽しむためのツアーです。雨の日でも楽しみはたくさんあるので警報が出ない限りツアーは催行されます。ただし根室半島周辺のツアーでは、強い風が吹くことが多いため晴れていてもツアーの催行ができない場合があります。

基本的に野外活動ですから野外活動にふさわしい服装が必要です。虫刺されや汚れそして、とっさのときに動けないミニスカートやハイヒール・背広や革靴での参加は危険です。カヌーに乗り降りする際にはぬかるんだ場所になる場合がありますので汚れても良い運動靴が必要です。

カヌーは狭い乗り物なので、小さな子どもたちに長時間のツアーは過酷な思いだけをさせることになります。特に横に向いたり立ち上がったりは絶対にできないですし、ガイドは真剣に注意をするので就学前のお子さんは楽しい思い出を残すことが難しいです。

ペットは同乗できません、どんなにおとなしいペットでも目の前に初めて見るタンチョウやワシたちそしてカモやエゾシカが出てきた場合、野生の本能が攻撃態勢を取るために船の中で暴れたり大きな声で吠えたりします。それが原因で船がひっくり返江利壮夫になったり実際転覆するような危険な状態になる場合があります。それほどに根室管内のカヌーは目の前で動物たちが出てきますのでペットの乗船はお断りしております。

写真撮影は可能ですが、撮影に夢中になりバランスを崩してカヌーが沈没する場合があります。その際の機材などは保証出ません。すべてご自身の自己責任、自己管理のもと持ち込んでください。カヌーの中に機材を置いた場合パドルから水が滴りかかってしまいます。防水バックなどに入れて持ち歩いてください。

フットパスツアーについて:

フットパスツアーは歩くのを楽しむツアーです、ゆっくりと周りの自然や歴史を楽しみながら歩きましょう。ルートが決まっている場所では、その道以外に外れて歩いてはなりません。特に牧場では、隣の牧草地や歩く以外の場所に入り込むと靴についた雑菌が牧草に付着しそれを食べた牛たちが病気になります。危険ですので他の牧草地に入らないようにしましょう。季節によっては、牧草が伸びた状態のところを歩きます、霧や雨が降った後は靴やズボンがずぶ濡れになりますので、カッパや防水の靴あるいは長靴を推奨します。

初夏と秋には、牧草地に牛の糞尿を肥料として散布します。その時の牧草に絶対に触れてはいけません。森の中を歩くときや牧草が伸びているときに歩く場合、ダニがつくことがありますのでダニ対策をしてから散歩しましょう。散歩の後は必ず手洗いとうがいを推奨します。手を洗わないまま食事を摂ると重大な病気にかかる場合があります。

牧場や森を楽しむための散歩道です、ゆっくりと回りの音や景色雰囲気を楽しんで歩くと幸せになれます。ランチボックスを用意して牧場の丘の上の景色の良い場所で食べるなら一層良い思い出が作れます。

予約について:

ご予約は、1年前から14日前までのご予約となっております。前日や当日のご予約は承ることができませんのであしからずご了承ください。

お支払いについて:

ツアー料金のお支払いは事前銀行振り込みかクレジットカード決済・Paypalをお使いいただけます。
(VISA , Master Card , American Express , JCB , Diners Club , Discoverが使用可能です。)
お好きなお支払い方法をお選びください。
当日の現金払いはお受けしておりませんのであしからずご了承ください。

キャンセルについて:

キャンセル料につきましては、当日100%、3日前から前日まで50%、それ以前のキャンセルにはキャンセル料はかかりません。

悪天候などでツアーが中止になった場合、料金の返金をさせていただきます。
クレジットカード払いの場合クレジットカードへ払い戻しができます。(お支払い日から120日以内)
もしクレジットカードの払い戻しができない場合には、振込先の口座名などお改めてお伺いします。
ご協力のほどよろしくお願いします。

_top