根室半島の大自然を満喫

根室半島の大自然を尋ねて(約4時間)

極北の大自然根室半島でネイチャーウォッチング

お1人参加8,250円(税込9,075円)/2人以上参加の場合お1人5,500円(税込6,050円)

奇跡の自然が残る根室半島
極北の大自然アラスカのような森へご案内します!

北海道の東南部、オホーツク海と太平洋の間に位置する根室半島。独特の気候と土地条件で、多くの野鳥たちが集り、種類豊富な草花で囲まれています。「最後の秘境」と呼ばれるに相応しい、自然豊かな土地です。氷河期から残る植生、アラスカの森と同じ苔むした森たち!小さな半島ですがその自然の深さはどこにも負けません。ヒグマがひっそりと生活し、その営みを何百年と守ってきた森、そこには日本では他に見られないような奇跡の森が広がっています。

吹きすさぶ嵐のような強い風によって、木もまともに育たない納沙布周辺では、荒れた草原のように広がる大地に、アラスカの草原と同じように泥炭層が深く存在しその上に苔が育ち草原を支えます。ガンコウラン・ツルコケモモなどなど、分け入って入ったものだけがその感動を味わえます。

根室では、自然と人間が密接に寄り添って生活しています。自然が色濃く残る大地には、280種類以上の野鳥が季節ごとに姿を現します。春は渡り鳥や水鳥。冬はオオワシ、オオハクチョウなどが見られます。根室でしか見られない雄大な光景。生命の躍動、自然の神秘を目の当たりにした瞬間、かつてない大きな感動が訪れます。

  • 集合場所:道の駅スワン44ねむろ(地図はこちら)
  • 所在地: 〒086-0073 北海道根室市酪陽1番地
  • 集合場所の詳細を知りたい方は、根室ネイチャーセンターまでご連絡ください。
    (電話:0153-27-1434)
  • 根室管内にご宿泊の方は宿泊先までの送迎もします。 必要な方は、ご連絡ください。

旅行全体のご相談はこちら

ネイチャーウォッチングツアーのお問い合わせはこちら

_top

ネイチャーウォッチングツアーメニュー
Nature Watching Tour Menu

_top

奇跡の自然が残る根室半島。極北の大自然へご案内します!

根室半島といえば納沙布岬と言われるほどポピュラーな観光地、その歴史は古いですが。自然に目を移すと、ここはアラスカかと見間違えるほどの自然があちこちに存在します。氷河期の傷跡が残る平らな大地、氷河が削り取った深い谷あいには、湿地帯が点在しそこには、縄文時代から人々が生活していました。その遺跡はアイヌの祖先、擦文文化の人々も利用し受け継がれていた土地でした。

春から夏にかけて深い霧が出るおかげで、気温が低く一定であったために氷河期の植生がそのまま残されました。納沙布岬周辺には森林限界の草原があり木が一本も生えていません。その草原の草をかき分けるとなんとそこに存在するのは、アラスカの苔たちです。そんな厳しい環境でも動物たち被必死に生き抜いています。納沙布岬の海にはアザラシやラッコたちが一年中生活しています。沖合を通るクジラやシャチたちも見ることができるかもしれません。

根室半島の付け根には深い森が広がり、そこにはヒグマがひっそりと生活しています。人の生活にかかわらぬよう、彼らは慎重に森の中を行き来しています。そんなヒグマの森に分け入っていくなら信じられない景色を目にすることができます。まさにアラスカの森と同じ苔の大地に立つアカエゾマツの森を楽しむことができます。短くヒグマに挨拶してから入っていくと、ヒグマは私達に気を使ってくれて遠くに行ってくれます。大騒ぎせず静かに苔の大地とその精悍な森とその空間を楽しみましょう。根室でしか見られない雄大な光景。生命の躍動、自然の神秘を目の当たりにした瞬間、かつてない大きな感動が訪れます。

まだまだ人に知られていない森、そんな奇跡の森を堪能できるのは根室半島ならではです。極北の大自然根室半島、目にした人はまだまだ少ないです。ぜひご一緒して感動の一日を過ごしましょう。

春と秋は、カモたちとオオハクチョウが疲れた体を休めにやってきます。夏には,草原や森に本州で冬をすごした小鳥たちがやってきます。その見事なさえずりときれいな体を楽しみましょう。 冬にはご存知ワシの王者,オオワシとオジロワシがシベリアからやってきます。森の木の枝には,信じられない数のワシたちがこちらを見下ろしています。

_top

_top

_top