野付半島で野鳥をウォッチング

シギ・チドリの楽園!野付半島バードウォチング(8時間・移動時間含む)

野付半島でバードウォッチング

お1人参加18,000円(税込19,800円)/2人以上参加の場合お1人12,000円(税込13,200円)

野付半島周辺で、バードウォッチングを楽しもう!北海道でも根室エリアは、特に野鳥が飛来する場所です。季節ごとに観察できる種類が豊富。特に冬は、オオワシ・オジロワシ・タンチョウを観察できます。湿原では、春と秋の季節にやってくる水鳥やシギ・チドリなど冬には極北からやってくるユキホオジロ(Snow Bunting)が群れを作って飛び回ります。バードウォッチャーやカメラマンにも人気の場所です。

半島先端部、立ち入り禁止区域の湿原には季節ごとにカモたちがやってきます。許可書を申請して車で入っていきます。シギ・チドリの季節には天然記念物アカアシシギ(Common Redshank)も生活しています。

春を過ぎると草原では、コヨシキリ(Black-browed Reed Warbler)やエゾセンニュウ(Gray's  Warbler)、ベニマシコ(Long-tailed Rose Finch)、ノビタキ(Siberian Stonechat)ノゴマ(Siberian Rubythroat)が出迎えてくれます。冬は,ユキホオジロ(Snow Buntin)、オオワシ(Steller's Sea Eagle)・オジロワシ(White-tailed Sea Eagle)・オオハクチョウ(Whooper Swan)時折、コミミズク(Short-eared Owl)も姿を現します。

オホーツク海流が作り上げた奇跡の半島!野鳥たちの楽園へご案内します!

野付半島では、その巨大な空の空間が訪れる人を圧倒します。浅い内海にはアマモが生い茂り渡り鳥たちの休息の場所となっています。自然が色濃く残る大地には、たくさんの野鳥が季節ごとに姿を現します。春は渡り鳥や水鳥。冬はオオワシ、オオハクチョウなどが見られます。根室でしか見られない雄大な光景。生命の躍動、自然の神秘を目の当たりにした瞬間、かつてない大きな感動が訪れます。また、春から夏にかけての花の開花は見事で一色で染まった草原は見事というほかありません。、極端に言うと2週間ごとに草原の色が変わるほどその美しさに息をのむでしょう。

  • 集合場所:道の駅スワン44ねむろ(地図はこちら)
  • 所在地: 〒086-0073 北海道根室市酪陽1番地
  • 集合場所の詳細を知りたい方は、根室ネイチャーセンターまでご連絡ください。
    (電話:0153-27-1434)
  • 根室管内にご宿泊の方は宿泊先までの送迎もします。 必要な方は、ご連絡ください。

旅行全体のご相談はこちら

バードウォッチングツアーのお問い合わせはこちら

_top

バードウォッチングツアーメニュー
Bird Watching Tour Menu

_top

雄大な自然が残る野付半島。野鳥たちの楽園へご案内します!

オホーツク海の急な流れが作り出した奇跡の半島、野付半島。まるでエビのしっぱのように曲がった半島は海水と雨水や雪解け水の淡水がお互いの領分を争っています。泥炭層に海水がしみ込んでその上に立つ森の一部を枯らせていきます。緑の森とその恥には立ち枯れた林が出来上がる独特の環境ははるか古代から連綿と続く歴史の一部です。半島の内側にある内海は浅く、そこにはアマモの森が存在し北海島エビや魚などを外敵から守ります。そのアマモも春と秋にやってくるカモとハクチョウの食料となり彼らの疲れを癒します。

春は、渡りの季節、コクガン(Brent Goose)オオハクチョウ(Whooper Swan)といろんな水鳥たちがやってきます。北に帰っていく準備のため、体を休めていきます。 草原では、ベニマシコ(Long-tailed Rose Finch)、コヨシキリ(Black-browed Reed Warbler)やエゾセンニュウ(Gray's Warbler)、ノビタキ(Siberian Stonechat)、ノゴマ(Siberian Rubythroat)も盛んにさえずっています。立ち枯れの森の中ではアカゲラ(Great Spotted Woodpecker)やコゲラ(Japanese Pygmy Woodpecker)が出迎えてくれます。目の前の湿原や沼ではタンチョウ(Red-crowned Crane)が子育てしています。

冬は,オオワシ(Steller's Sea Eagle)・オジロワシ(White-tailed Sea Eagle)・オオハクチョウ(Whooper Swan)・冬のカモ類もやってきます。水鳥たちは今年生まれた子供たちと一緒に、本州へ向かうために体を休めています。

野付では、自然と人間が密接に寄り添って生活しています。自然が色濃く残る大地には、たくさんのの野鳥が季節ごとに姿を現します。春は渡り鳥や水鳥。冬はオオワシ、オオハクチョウなどが見られます。野付でしか見られない雄大な光景。生命の躍動、自然の神秘を目の当たりにした瞬間、かつてない大きな感動が訪れます。

世界の憧れの場所,四季を通して野鳥を楽しみましょう。 初心者の方でも安心!どんな鳥との出会いがあるか楽しみですね ここでなければ会うことのできない鳥たちもいます。

春と秋は、カモたちとオオハクチョウが疲れた体を休めにやってきます。夏には,草原や森に本州で冬をすごした小鳥たちがやってきます。その見事なさえずりときれいな体を楽しみましょう。 冬にはご存知ワシの王者,オオワシとオジロワシがシベリアからやってきます。森の木の枝には,信じられない数のワシたちがこちらを見下ろしています。

_top

_top

_top